わたしはたくさんのセフレを抱えています

1155happy自慢じゃあありませんが、わたしはブサイクです。しかもデブです。何の取り柄もありません。普通に生活していたら童貞のまま一生を終えたかもしれません。

しかし、わたしはたくさんのセフレを抱えています。

なぜか?

それは、出会い系サイトを通じて、たくさんの女性と知り合ったからです。たくさん女性と知りあえば、なかにはわたしとセフレになってもいいと言ってくれる女性がいるものです。

そして、セフレを作るのは難しいのですが、セフレをキープするのはそれほど難しいことではありません。

だから、たまに新規のセフレを作れば、複数のセフレをいくらでも抱えることができるのです。

みなさんも複数のセフレを持つ人生を歩みたくはありませんか?

セフレなんて出会い系サイトにチャレンジし続ければかならず手に入るものです。

とはいってもやみくもにチャレンジしても効率が悪いのも事実。セフレ作りにはちょっとしたコツが必要なのです。

そんなわけで、今回はわたしのこれまでの研究結果として「セフレ攻略法」を公開することにいたしました。

みなさまも、当サイトの「セフレ攻略法」をごらんになっていただいて、ぜひとも複数のセフレがいる人生のすばらしさを味わっていただきたいものです。

実際会ってがっかり? 理由は外見だけではなかった

出会い系サイトでメール交換をしていた相手と実際に会って、外見と想像が違って「なんだか急に冷めてしまった」という話はよく聞きます。それと同じように相手の内面が想像と違ったと感じた出会い系サイトの会員も多いようです。では、なぜそのようなことになるのでしょうか。今回はなぜそうなるのかを紹介していきましょう。

プロフィールが嘘だったケース

出会い系サイトに登録している男女は、気軽に出会いを楽しんでいる人も居れば、寂しさから早く一緒に居られるパートナーを見つけたいと思う方まで様々です。

後者の場合、切羽詰まった人の中には、多くの異性を対象に入れたい気持ちから大風呂敷を広げる人も少なくありません。ここまでは見に覚えのある人もいるのではないでしょうか。多少のプロフィールの盛りは仕方がないですね。その方がヒット率も上がるのでテクニックとしては問題ありません。しかし度を超えた、プロフィールの嘘で実際会っている人も稀にいるようですね。

出会い系サイト内では、出会う相手の情報の多くをプロフィールで収集します。それを信頼して好意を抱いてメールを始めた相手からすると、嘘の内容によっては出会う対象ではなかった可能性も大きいと言えます。それを実際に会ってから知ると余計にショックでしょうね。

むやみに信じない!自称はあくまで自称

プロフィールはあくまで自称です。客観視ができる人はいないですし、ジャッジをするものさしもありません。「優しい温厚な性格と言われます。」「真面目で清楚系です。」「少しエッチな感じ、セクシー系です!」プロフィールにはそう書いてあっても本人がそう思っているだけ可能性もあります。

メールでは言葉を選んで返信することも可能ですが、実際に会って話をすると表情や行動などでまた印象は大きく変わるでしょう。また、意外とキレやすかったり、メンヘラ系の女性などもいるかもしれません。自称は、主観で見た自分という意味です。それを客観視するのは貴方の仕事ですよね。出会い系では貴方の目利きがとても大切になってくるのです。

はなっから騙して出会う目的も!

先に挙げたものは真剣に出会いたい女性や、割り切りなどで結果的に失敗してしまう例です。これは正直かわいいものと言えるでしょう。中には最初から相手を騙すつもりで、本人と全くの別キャラを作り上げている可能性もあります。悪質な会員、風俗などの勧誘もあります。トントン拍子に会うまでが早いのも考えものですよね。男性は特に注意しておくべきです。

家族や昔からの友人ですら、こんな一面があったのかと思うことは誰でもあります。それくらい人の心の内の全てを知り得るのは難しいと言えるでしょう。出会い系サイトでの出会いは尚更です。理解したつもりでも相手の一部でしかないことは当たり前ですよね。外見だけを見るのではなく、内面もみるのは当たり前です。しかし、その内面こそが会っても分からない難しい一面なんです。また、実際に会って違うなと思う事は多くの男女が経験することです。そこでめげないで新しい出会いに挑み続けましょう!

「メールを送る時間」「メールの中身」

優良出会い系サイトを利用し、サイト内でのやり取りはしっかり続いている……それなのに、アポ取りができない!と悩んでいる男性も多いのではないでしょうか。出会えないのはサイトのせいですか? そんな責任転嫁は間違っていると思いませんか? だって、まだ自分のメールには改良の余地があるからです。具体的にじっくり考えてみましょう。

実際に優良出会い系サイトを使っていて、写メもそこそこのものを載せている。プロフィールもしっかり埋めている上、ケチケチと直接連絡先を聞こうともしない、なのにどうしてアポまで発展しないのかと思っている男性会員の方はいませんか? なぜ、サイト内ではメールが続くのに、アポが取れないのだろうと嘆いている男性会員のあなたです。そんな方は「メールを送る時間」「メールの中身」このどちらかを見返してみましょう。完璧なら今頃出会っていると思いますよね。

メールを送る時間に問題がある場合

メールを送る時間と言われてもイマイチピンと来ないのではないでしょうか。そういう方は、まだまだメール初心者と言えますね。少し考えれば、女性から見て、メールの時間の重要性は十分な判断材料になることがわかります。中でも「送信のタイミング」と「返信までの時間」はとても大切です。

特にファーストメールでのポイントです。長く続いているメールでも使えるものです。しかし、「何曜日の何時に送る」のような具体的かつ、絶対的なものではありません。要は相手の職業などでメールの送信のタイミングは確かに分かれるということです。

分かりやすい例で、人妻に対して、平日の夜や土日にメールを送るのは危険ですし、そんな男性と直接のやり取りを行おうと思わないでしょう。そこは安全な平日の昼間のみに時間を固定して、送信をするようにするだけで女性の信頼をものにできます。

今やり取りしている女性に対しての想像力をフル回転させてみましょう。少し難易度が高いかもしれませんが、かなりできる男に見えますよね。

返信までの時間はどのくらいがベスト?

出会い系サイトだけに限ったことっではなく、人間としての高さも出る部分です。会社などの大事な取引などでもこういった空気を読むことは活かされます。

メールの間隔を合わせるというと早いのではないでしょうか。メールの返信が5分以内の女性に1日後の返信はどうでしょう? その逆もあります。ゆっくりの返信の女性にはそのペースを、1時間なら1時間、1日なら1日を目安にメールを送り返すようにしましょう。ここで女性はこのメールのやりとりの中に「居心地のいい場所」というイメージを持ちます。同調性は、心理テクニックでもあります。安心感と親近感を持たせることができるんですね。

メールの長さで考えてみよう

メールの長さと文字数は一緒と考えてみましょう。上述の返信までの時間とも似た部分がありますが、基本的に短文には短文を、長文には長文をが基本です。短文の女性に長文で返すと重いですし、長文をの女性に短文で返すと興味がないと思われます。この辺りを気にしていなかった方は、少し分の長さを合わせてみましょう。

メールの内容に問題がある場合

メールの内容に何か問題がある場合は、「単純につまらない」「会話のラリーが下手」「ただただ性欲しか見えてこない」が考えられます。まず「単純につまらない」の場合、相手ははなから興味がないでしょうから返信はなくなります。返信前にメールを見返し、単調な内容ではないかなどをチェックしましょう。

「会話のラリーが下手」の場合、相手の話しかしない場合と自分の話しかしない場合の2パターンがあります。どちらもキツイですが、自分大好きのような印象を持たれる前者と、まるで自分がない印象で少し怖い後者は極端であればあるほどNGです。質問と答えは半々がバランスのいい会話のメールだと言えますね。

「ただただ性欲しか見えてこない」の場合ですが、本来出会い系サイトはこういった女性も多いのも事実です。しかし、それを隠そうとしながらメールをしているものだと思います。ここで、出てしまうのが男性の性なのでしょう。女性は敏感にこういった返信に反応します。なんと言ってもこれがアポが取れない一番の原因と言ってもいいでしょう。

好奇心旺盛な若者か、超ビッチ、淫乱熟女などのクセのある女性くらいしか好感を持ちませんよね。一般的な女性は、この滲み出る性欲に引いてしまうようですね。体目的オンリーの女性もいるでしょうが、不本意な結果でしょう。

実際に、メールを長く続けるのは長く付き合いたいからです。出会い系サイトでホテルに誘うことは簡単です。しかし、ホテルに行った女性と何回も会うことはほぼないでしょう。出会い系サイトでは現実と非現実が反対です。アポでカラオケなどに誘える男性は出会い系サイトでは不利なんですね。紳士的に見える、カフェや個室のないちょっとした飲み屋などもアポ取りがしやすいポイントです。その後の事は、そこでチャンスを掴めばいいんです。まずは会わないと意味がないからです。そして第一印象は絶対です。安心感と親近感をうまく使い、アポ取りをできるメールをマスターして、素敵な出会いをしましょう。

出会い系サイト基礎知識

いつの時代も出会いを目的とする手法は様々な形で存在します。

一時は『テレクラ』『伝言ダイヤル』等実際に自分の『声』を使い男性が一定料金を支払って出会いのきっかけを作る手段が流行しました。

数は減りましたが未だ無くなってはいません。

現在ではインターネット、携帯電話の急激な普及により『声』ではなく『メール』を通じて誰でも手軽に異性と出会うきっかけを手に入れる事が出来ます。

そういった場を提供しているサイトがいわゆる『出会い系サイト』と呼ばれるものです。

近年ではカメラ付携帯電話が普及しているため自分の顔写真を載せて相手からのメールを待ったり、相手の顔写真を見てアプローチすることも可能です。

この様な殺伐とした御時世、男女の出会いの形に新しく風穴を開けたといえるでしょう。

又インターネットのADSLや光、携帯電話のパケット代定額制が定着しつつあるこのごろではますます身近に手軽に利用出来るものとなってきてます。

ニュースや新聞等でさまざまな事件等が報道されますが、正しく慎重に利用すればこれほど便利な出会いの手段は無いでしょう。

さあ、孤独な貴方も貴女もそろそろ退屈な日常から脱してはいかがでしょうか?

わたしは28歳まで童貞でした

わたしは28歳まで童貞でした。特にもてるわけでもなく、彼女もいませんでした。学生時代にコミュ力を上げてこなかった僕では、大学のノリには付いていけず、失敗しました。

そこで、次に某大手ブログアメーバで同じ県内の女の子と友達になってみようと思いました。何度も何度も女の子(主に女子高生)にメールを送ってはダメ、というのを繰り返しました。そんななかで、少しずつ会話につなげることが出来るようになってきました。ネット上で出会うための「コツ」みたいなものが分かってきたんです。この経験がいま、出会い系の攻略においてすごく生きていると思います。

いくつかのコツを示しますと、「顔写真を貼る」「若い女の子がすきそうな趣味を持ち、それを話題にする」というものですね。

まず、「顔写真を貼る」については、言わずもがなです。出会うときはまず、信用第一です。出会われる女性からしても、仲良く喋っていてもいざ会ってみると・・・という自体は避けたいでしょうし。
自分のルックスに自信がないのなら、できるだけ改善しましょう。太ってる方はやせて、顔がいまいちな方は髪型などをどうにかして、できるだけ綺麗に写真をとってください。じゃなきゃまず女の子から相手にされません。

次に、「若い女の子が好きそうな趣味を持つ」ですが、これについては「カラオケ」や「カフェ巡り」、「若い子がすきそうなアーティストに興味を持つ」などがあります。特にカラオケ。いくつかの滑らない持ち曲を練習すれば、出会った後もスムーズにいい印象をもたれます。

一緒に楽しむものでなくても、「ランニング」や「読書」なども結構好評です。これらの趣味をプロフィールに書いて、ブログネタとしても扱えば、それについての知識も付きますので、さらに女の子との会話が弾む可能性が広がります。

とにかく、顔写真で信用させて、趣味の話で盛り上げる。あとは、無視されても拒絶されても諦めないで次の子にアタックする。これらのことを心がけていた結果、私は最終的にたくさんのセフレを得るまでに至っています。

出会い系サイトで確実に彼女をゲットしたいなら、失敗談から学ぼう

二年ほど前からネットでの出会いを始めたのですが、最後の詰めが甘くなかなか実際に会う約束を取り付けることができませんでした。

いったい何が失敗だったのか、自分なりに分析してみました。この失敗談が他の方の役に立てばいいと思い投稿します。ちなみに今、自分は出会い系サイトを利用してさまざまな女性とセックスしまくっています。

直接メールを一通目から要求してしまった。

サイトを利用するとき、困るのが直接やり取りしたい、ポイントが、というジレンマですよね。僕は社会人になったばかりの頃登録したので、独り暮らしも始めた頃だったので恥ずかしながらお金がありませんでした。女性にメールを送るためにポイントを購入しなければならず、下手な鉄砲数打ちゃ当たる精神で とりあえず色々な女性に声をかけまくりました。

これが失敗でした。受信はいいのですが、返信を数人ともなるとたくさんやり取りをすればするほどポイントとは失われます。

ですから、最初から直メールや当時やっていたSkypeなどのIDを交換すれば、その悩みが解消されると思っていました。それを申し出たとこ ろ、8人の女性全てから断りのメールやなかには返信すらない人もいました。男性にとってはポイントを消費することですから、腹が立ちましたが、自分のこと になって考えてみるとよくも知らない人間にホイホイメールを渡すような人は嫌だなという思いに至りました。これは大きな失敗で、後々、何度かやり取りをし ていて深く話せるようになると女性の側から心配して直接のやり取りをしないかと提案してくれるようになりました。

一人の女性とじっくりと

1でもお話しした通り、複数の人とメールをするとポイントもあっという間に消費してしまうのでとても大変です。ですから、僕は一人の女性に絞るよう にしてみました。そのために、相手のプロフィールをよく読んでいます。最初の頃、顔が好みだったり掲示板にかいてあるからといって深く考えず声をかけたこ とがありました。相手のことをよく知らずにやり取りをする出会い系サイトの性質上、唯一の手がかりはプロフィールなのにそれを見ていなかったのです。もち ろん、だんだん話が噛み合わなくなったりメールが続かなかったりしました。しかも複数に話しかけているので、よくかこのメールを確認しておかないと誰に何 を話したか忘れたり的はずれなことをいってしまったりします。現実世界でもそうですが、一人の気に入った女性とじっくりお話するのが出会える最短距離だと わかりました。

果報は寝て待て、だけどサインを見逃さない

女性とやり取りをしているとその女性と実際に会いたい、話したい、デートをしたい、いちゃいちゃしたいと思いますよね。実際に会っていない分だけ遠 距離恋愛のように思いは募っていくような気がします。だからでしょうか。友人として仲良くなれそうなタイプか、恋愛対象か時々わからなくなります。遠距離 恋愛のような錯覚に陥ってしまうのでしょうね。

だからこそ、一度冷静になってその女性が付き合える女性かどうか、自分に確認する作業が必要です。また、彼女が自分のことをどう思っているか。言い 方は悪いですが探ることが重要です。そのためには、実際に会うかどうかをほのめかす、実際に会いたいと彼女の方から思ってもらうように仕向ける必要があり ます。男性側に会いたい気持ちがあっても、女性側に会いたいと思ってもらわなければ実際に会うことはできないのですから。

もし、実際にあってみたいと思える人がいたら「もしも」という仮定の話をするといいと思います。もしも、一緒に映画を観に行けたら楽しいだろうな。 もしも一緒にドライブに行けたら素敵だろうな。女性は想像力豊かな感性を持っています。向こうにもっその気があれば、具体的に話は必ず進みます。待ってば かりは大変かもしれませんが、現実世界に繋がる恋愛をしたいと望むのなら、現実で接するように女性とやり取りを楽しんだらいいと思います。

今回は僕の経験から三つのポイントに絞ってお話をしてみましたが、役に立てそうでしょうか。出会い系サイトに登録したのにまだ会える人が見つかっていない、半年前の僕のような人こそ是非騙されたと思って一度は試してみてほしいと思います。

出会い系サイトでちょっと得するテクニック【LINEに誘導】

出会い系サイトを利用していると、もっと頻繁に女の子とやりとりしたくなりませんか?

実際にたくさん連絡を取り合った方が仲良くなるし、会うチャンスも増えていきますよね。

そうはいっても、そんなにたくさんメールを送るのも大変です。

そこで利用したいのがそう、LINEです! LINE IDを伝えてそちらでやり取りできるようになれば、半分以上成功したようなものです。女性にとっても、普段利用しているLINEでやり取りできるので、気軽にお話してくれるようになります。

かなりお友達感覚になってくるので、そのあともスムーズです。

それではどうしたらLINEに誘導することができるのでしょうか。

基本はLINE IDをメールに書いて、会いたい女性に送るだけです(笑)。

比較的真面目そうな女性にはしっかりしたですます調の文章で、軽いノリの子にはラフな話し言葉でメールを送り、その中にLINE IDを入れておきます。これだけで、大体30-40%はLINEでのやり取りまでもっていけます。

また、もう一つのテクニック。これも簡単なことで、プロフィールの趣味欄あたりに、趣味はLINEと書いておくことです!これだけで女性から連絡が来て、一緒に食事にいったこともありました。もちろん、LINEの使い方はしっかり覚えておきましょうね(笑)。

女性の立場から見ると、LINE掲示板で出会いを探すよりは、こちらの方がプロフィールもありますし、安心感は高いようです。実際、LINE掲示板での出会いは危険だという認識も女性の中で高まっていますので、利用する人数も減っていると思われます。

ご存知のように、ハッピーメールのような出会い系サイトでは身分証明書が必要なので、身元が分からなくて不安、ということはありません。こうしたサイトを利用している人なら、LINE掲示板より安心できるというのが一般的な認識なのです。

あと、これは自分の感覚なのですが、メールアドレスよりLINE IDの方が教えてもらいやすそうな感じがあります。メールアドレスの方がよりプライベートなイメージでしょうか。LINE IDは手軽にやり取りするための手段として使っているので、気軽にやりとりできるようですね。

ではLINE IDを実際に聞いてみるタイミングですが、ぶっちゃけた話、かなり早めで大丈夫です。サイト内のメールのやり取りで1通目か2通目で聞いてしまって大丈夫です。

少しやり取りして緊張をほぐしてからと考えるより、LINEでやり取りをすることによって警戒を解く、と考えてはいかがでしょうか。

このテクニックが皆さんの出会いにつながれば幸いです。

オモシロイとタノシイの違い

オモシロイとタノシイはぜんぜん違うんです。

モテる人っていうのは、女の子を「楽しい気分にさせられる人」です!

女の子は面白いことを求めているわけではなく楽しい気分にさせてくれることを求めています。

女の子が好きなことを想像してみてくださいね。

  • ディズニーランドに行ったり
  • 美味しい食べ物やスイーツを食べに行ったり
  • ショッピングに行ったり
  • お祭りに行ったり
  • 素敵なホテルに行ったり

どれも楽しい場所であって、笑える場所ではないでしょ?
これは実際に会ってデートするときにも使えるテクニックです。
面白い話を無理にしようとせずに相手の好きなことを聞いたり、共感する。

初心者の人にはハードルが高いかもしれませんが相手を楽しませるというのは相手の話を「ただ聞けばいい」ってわけでもありません。

自分の話をするのが苦手な子、男の人にグイグイ引っ張ってもらったほうが好きな子、世の中にはいろいろなタイプの子がいるわけですから
「相手の子がどうしてほしいのか、どうしたら楽しめるのか」
っていうことを察してあげてその子に合わせて行動することができればベストってことです。

そもそも、出会い系において大事な心構えというのは下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる+当たって砕けろの精神だと思います。

だって顔も見えない、話したこともない相手にフラれてもなんら傷つく必要はないですしというか実際なれるとなんとも思わなくなります(笑)

それよりも多くのチャンスを作ることによって得られるモノのほうがよっぽど大きいですからね。テキトーに声かけたのにすごい好みの女性だったりした時はテンション上がりますし。

出会い系なんて、遊び感覚でちょうどいいんです。

初対面の女性に好意を持ってもらう為に

初対面の女性に好意を持ってもらう為に大事にしているのは、とにかく怒らせない。ムッとさせない様に気をつけてます。

特に女性は急に怒り出したり男性側からすると理不尽と言うか、良く分からないことを気にしたりするのでその地雷が見えない初対面では特に慎重にならざるをえません。

男性からすると効率第一に考えてしまうので女性の行動は悪く言うと無駄に思える時もあります。

ただ女性側にも自分や相手のことを考えた言い分があります。まずこれを理解しなくてはいけません。最初は相手の女性を観察し話に耳を傾け、肯定出来たり誉められることは誉めたりします。ちょっとおかしいなってところがあってもあえてそこは突っ込んだらいけません。